プロフィール

DSC00024-300x245大城バネサについて出身地や経歴などのご紹介です。

大城 バネサ (おおしろ ばねさ)

出身地:アルゼンチン・ブエノスアイレス
1981年11月26日生まれ
身長:153cm 血液型:O型

趣味:植物育成、熱帯魚飼育、スニーカー集め
特技:バーベキュー料理、コーヒーのバリスタ
*現在、愛犬2匹と岐阜県羽島市に在住

アルゼンチン生まれの日系アルゼンチン人2世
父親は沖縄県生まれ日系1世、母親は両親が沖縄県出身の日系2世。
祖父母が沖縄県出身のため、幼少の頃から沖縄民謡や日本の音楽に親しみ、
日系人の間で開催されるカラオケ大会などで演歌を唄い始めた。

2001年10月に行われた「NHKのど自慢」アルゼンチン大会に憧れの坂本冬美、鳥羽一郎が
ゲストで来る事を知り、応募して優勝。その時に日本のレコード会社のスタッフにスカウトされた。

2002年3月 渋谷のNHKホールでおこなわれた「NHKのど自慢・チャンピオン大会」に出場し
「女の漁歌」を歌唱、海外勢初のグランドチャンピオン(平成13年度)となった。

2003年8月 シングル「鷗も飛ばない海だよ」でメジャーデビューした。

2016年10月 沖縄で行われた世界のウチナーンチュ大会閉会式では、
日本とアルゼンチンの架け橋として「三線のかほり」をフル歌唱した。

2018年4月に発売した「長良川悲恋」は中部地方を中心に現在もロングヒット

2019年9月に岐阜県郡上市の分水嶺と夫婦滝に歌碑が建立され、日本作曲家協会音楽祭(2019)の奨励賞を獲得した。
2019年に発売したアルバム「ザ・カバーズ」に収録されている「一本の鉛筆」の歌唱では令和元年度日本歌手協会最優秀歌唱賞を獲得した。
アルゼンチン、ペルー、ブラジルなどでの海外コンサートも積極的に行っており、人気を博している。

就任している観光大使
2014年 美ら島(ちゅらしま)沖縄大使
2015年 初代羽島市観光大使
2016年 今帰仁村(なきじんそん)観光大使
2016年 みなと気仙沼大使
2016年 雲仙ふるさと大使

レギュラー番組テレビ・ラジオ
ぎふチャンテレビ 「るみとバネの夢おいかけて♪」
ぎふチャンラジオ 「るみとバネの夢おいかけて♪」
CBCラジオ 大城バネサの「オラ!アミーゴ!!」
ぎのわんシティFM 大城バネサの「沖縄のかほり」
沖縄ラジオFM21・FMもとぶ 「大城バネサとまじゅん」
ラジオ沖縄 「ハイサイ!藤木勇人のヤマトde沖縄タイム」

大城バネサ公式HP:http://vane-music.com/
所属事務所:Rサプライ株式会社〒501-6257岐阜県羽島市福寿町平方6-21-1
担当:青山るみTEL:058-398-3880FAX:058-322-6619Mail:aoyama_r@rsupply.co.jp
所属レコード会社:ビクターエンタテインメント制作3部担当:河村TEL:03-5467-6258


「逢いたい島」「三線のかほり」沖縄関連 概要
大城バネサ「逢いたい島(じま)」「三線のかほり」第2のふるさと沖縄への思い
大城バネサ→アルゼンチン生まれの日系2世。(100%沖縄県人の血が流れる)
父親は沖縄生まれの日系1世。母親は両親が沖縄出身の日系2世。

2014年 沖縄県公認 美ら島(ちゅらしま)沖縄大使 就任

2015年4月 ビクター移籍第一弾シングル「俺の漁歌」発売(現在5万枚突破)カップリングに「逢いたい島」を収録

2015年3月 沖縄県石垣市 つんだみアイランド野外フェス2015にて歌唱

2015年6月 沖縄県浦添市 てだこ祭りにて歌唱

2015年10月 沖縄県那覇市 那覇大綱挽まつりにて歌唱

2015年11月 沖縄県中城村 中城城跡プロジェクションマッピングにて歌唱

2016年4月20日 「逢いたい島」シングル化(現在4万枚突破)M2「三線のかほり(移民の唄)」M3「ヒヤミカチ節」を収録

2016年より沖縄琉球放送(RBC)でレギュラー番組 大城バネサの『はいたーい島』をはじめる

2016年4月 第8回沖縄映画祭参加 イオンライカム、閉会式にて歌唱

2016年7月7日 沖縄県国頭群今帰仁村より「今帰仁村観光大使」に任命される

2016年8月 NHK沖縄うちなぁジョッキ―出演(イオンライカムにて公開収録)

2016年9月 「NHK世界に伝えたい沖縄のうた」に「逢いたい島(じま)」と「三線のかほり」の2曲が選出される

2015年10月 沖縄県那覇市 那覇大綱挽まつりにて歌唱

2016年10月29日 第7回今帰仁まつりにて歌唱(祖母のふるさとのまつり)

2016年10月30日 NHK沖縄 沖縄熱中倶楽部 生出演(沖縄セルラースタジアム)

2016年10月30日 第6回世界のウチナーンチュ大会閉会式のオープニング
15000人の前で「三線のかほり(移民の唄)」をフル歌唱!(沖縄セルラースタジアム)
念願であった「沖縄とアルゼンチンの架け橋」の役割を果たした。
*雑誌「アエラ」と「還流する魂(マブイ)」(著者・三山喬)でも取り上げられました。アルゼンチンで亡くなったおじいの思い出を歌にした「三線のかほり(移民の唄)」は世界のウチナーンチュ大会で日本に来ている、移民の方やその家族のこころに響き、皆が涙していた。「同じ気持ちの仲間がこんなにいるんだ!」という事実は大城バネサにとって大きな勇気になった。「5年後にまたみんなに逢いたい!」こころからそう思った。まさに歌詞の通り「思(うむ)いウチナーに導かれ」(こころが沖縄に導かれてゆく)1年となった。
※世界のウチナーンチュ大会とは
海外移民など沖縄にルーツをもつ海外の日系人を招待して開催されるイベントである。1990年に第1回が開催。その後、ほぼ5年ごとに沖縄県の主導のもと、継続して開催されている。目的は、沖縄にゆかりのある人々を結びつけた国際交流ネットワークを作り上げることにある。


2016年6月22日
シングル「伝えたい」発売(テコンドー公式応援ソング)
6月29日 岐阜県羽島市文化センターで行われた「テコンドー・リオ五輪壮行会」で、
テコンドーの浜田選手に花束を贈呈、全日本テコンドー協会公認応援ソング「伝えたい」を歌った。

2016年8月30日
【地デジ協力10周年記念式典】総務省主催(NHK関連)
「南米の架け橋」としてゲスト出演ブラジル サンパウロSET EXPO 2016

2017年2月
ぎのわんシティFMレギュラー 大城バネサの『沖縄のかほり』スタート

2017年3月1日
沖縄曲アルバム「沖縄のかほり」を発売。
沖縄からアルゼンチンへ渡った移民の日系2世として「沖縄の良さを世界に伝えたい」そんな気持ちを歌に込めたアルバム。

2017年4月
ぎふチャンテレビレギュラー番組『るみとバネの夢おいかけて』開始

2017年7月
BS12テレビ ぎふチャンテレビレギュラー『るみとバネの夢おいかけて』

2017年9月20日
シングル 「今帰仁の春」発売
65年前(当時)「沖縄県今帰仁村(なきじんそん)」から「アルゼンチン ブエノス・アイレス」に大城バネサの祖母は移民した。60年以上18,000km以上離れていても変わらない沖縄日系移民の心の絆を歌う。世界のウチナーンチュ大会で65年ぶりにアルゼンチンから沖縄に帰ってきた祖母の実話がもとになっておりアルバム楽曲のなかでも各方面から人気を得ている「今帰仁(なきじん)の春」をシングルカットした。この時期、NHKが募集した「世界に伝えたい沖縄のうた」に前作大城バネサ「逢いたい島」「三線のかほり」が選ばれ、沖縄での知名度が急上昇している。

2017年5月19日
【安倍総理大臣主催の晩餐会に参加】
(アルゼンチン大統領招待)総理大臣公邸にて

2018年4月
FM21レギュラー 大城バネサと『まじゅん』開始

2018年4月25日
シングル「長良川(ながらがわ)悲恋(ひれん)」発売
大城バネサが現在在住している岐阜県長良川を舞台にした純粋すぎる愛の物語。
誰もが知る「長良川艶歌」の作曲家、岡千秋さんのこころ惹きつけられるメロディと、岐阜県の名所を舞台に繰り広げられる悲恋の物語の歌詞を大城バネサが表情豊かに歌い上げる。

【歌詞に出てくる岐阜県の名所】
長良川 → 柿田川、四万十川とともに日本三大清流のひとつと言われ、「長良川鵜飼」で有名。
分水嶺(ぶんすいれい) → 大日ケ岳に源を発した水がこの分水嶺で2つに分かれ、一方は長良川となって太平洋へ、もう一方は庄川となって日本海へ注ぎます。ひるがの高原にある。
夫婦滝 → 長良川の源流部には,長良川で唯一の滝,「夫婦滝」がかかっている。高さ17メートルのこの滝は,2本の瀑布からなり,向かって左が男滝,右が女滝といわれ,夫婦滝の命名の由縁とされている。
金華山 → 岐阜市のシンボル的存在で、市民の憩いの場となっており、夜景が美しい。山頂付近には岐阜城がある。
カップリング「おねえちゃん」は大城バネサの姉をモチーフにした楽曲である。日系2世としての苦悩を分かち合いながらアルゼンチンで一緒に生きてきた姉への強い愛と、いま、会えない寂しい気持ちが込められている。

2018年7月20日
【ブラジル日本移民110周年記念際 日本祭り】ゲスト出演
ブラジル日本都道府県人会主催 サンパウロEXPO Exhibition

2018年7月24日
【大城バネサデビュー15周年記念コンサート】
ブエノス・アイレス Teatro Astral  (キャパ1050人満席)
アルゼンチンの名門アストラル劇場にて大城バネサデビュー15周年記念コンサートを開催。日本とアルゼンチンの架け橋として、日系アルゼンチンの夢と希望の象徴として、1050人の観客が熱狂した。

【岐阜県人会記念式典に参加】
2018年7月27日 アルゼンチン岐阜県人会 創立45周年式典
【君が代】独唱 &大城バネサライブ
2018.7月29日 ブラジル岐阜県人会 80周年式典
【君が代】独唱 &大城バネサライブ
2018年7月31日 ペルー岐阜県人会 35周年式典
【君が代】独唱 大城バネサライブ
*ブラジル、アルゼンチン、ペルーの岐阜県人会記念式典については岐阜県副知事以下慶祝団として大城バネサも参加しました。

2018年8月4日
【まじゅん】コンサート ペルーリマ市内
大城バネサ&ルーシー&琉球舞踊リュウセイ会
サンタウルスラ講堂(キャパ1100人満席)

2019年4月20日
沖縄、今帰仁村で行われる第9回古宇利島マジックアワーRUN in 今帰仁村でスターターを勤める。参加者約3,200名。沖縄の景勝地、ワルミ大橋、古宇利島大橋をマジックアワー(夕陽の残光が黄金色に風景を照らす日没直後の時間帯)に駆け抜けるハーフマラソン。スタート前にはミニライブを行った。

2019年6月26日発売 アルバム「ザ・カバーズ」発売
初のカバーアルバムです。アルゼンチンから単身来日し、16年歌手活動をしてきて、レコード会社の契約がなくなったりと困難にぶつかることがあった。そんなとき大城バネサが勇気づけられた日本のヒット曲を、オリジナルアレンジでカバーした。

2019年9月8日(日)
「長良川悲恋」の歌碑の除幕式がおこなわれた。
岐阜県郡上市高鷲町 ひるがの分水嶺公園内と
岐阜県郡上市高鷲町 夫婦滝近くの川沿いの2箇所に歌碑を建立

歌碑概要
大日ケ岳(標高1709m)に源を発した清流は、ひるがの高原分水嶺で二つに分かれ、一方は長良川(166kmの大河)となって太平洋(伊勢湾)へ、もう一方は庄川となって日本海へ注ぐ。この分岐点(歌詞の1番にでてくる分水嶺)付近の公園内に大歌碑を建立。もう一つ歌詞の2番に出てくる「夫婦滝」付近に中歌碑を建立。

発起人:郡上市長 日置 敏明様、 初代郡上市長 硲 孝司様、 穂積建設㈱会長 下牧 穂積様

歌碑建立の目的
大城バネサさんは昨年(2018年)4月、デビュー15周年記念曲として地元岐阜県を舞台にした「長良川悲恋」を発売され、現在もロングヒットを続けています。この間大城さんは、テレビ、ラジオ、新聞等のマスメディア並びに全国各地での芸能活動等において「長良川悲恋」を歌唱され、岐阜県及び郡上市の観光振興に多大な貢献をされました。その記念として長良川悲恋の舞台となっている清流長良川の源流「ひるがの分水嶺公園」に歌碑を建立。併せて、歌碑建立により「長良川」をさらに全国に広め、岐阜県及び地元郡上市の観光振興に寄与することを目的とする。(発起人より)
分水嶺公園に設置した歌碑(大)の大きさ
幅260㎝、高さ178㎝、奥行き60㎝の石基中央部に御影石の黒板石(幅150㎝×高さ75㎝大)を埋め込む。(長良川悲恋の歌詞全文)重さ5トン
夫婦滝に設置した歌碑(小)の大きさ
幅90㎝、高さ105㎝、奥行き25㎝の石基中央部に御影石の黒板石(幅70㎝×高さ80㎝大)を埋め込む。(長良川悲恋の2番の歌詞)重さ200kg

2019年10月
ラジオ沖縄コメンテイター藤木勇人『ハイサイ!ヤマトde沖縄タイム』


 

大城バネサ ディスコグラフィー シングル/アルバム最新順
アルバム ザ・カバーズ(2019年6月26日発売)
トイレの神様、花、ら・ら・らなど10曲収録
シングル 長良川悲恋(作詞:青山るみ 作曲:岡 千秋 編曲:新田高史)(2018年4月25日発売)
c/w おねえちゃん(作詞:青山るみ 作曲:大城バネサ 編曲:綾瀬 悠生)
シングル 今帰仁の春(作詞:青山るみ 作曲:大城バネサ 編曲:綾瀬 悠)(2017年9月20日発売)
三線のかほり、逢いたい島など8曲収録
沖縄のかほり アルバム 沖縄のかほり(作詩/青山るみ 作曲/岡千秋 編曲/矢野立美)(2017年3月1日発売)
c/w なるようになるんだこの人生(作詩/青山るみ 作曲/岡千秋 編曲/矢野立美)
シングル 「伝えたい」テコンドー選手オリジナル応援ソング
(作詞/青山るみ 作曲/浅野佑悠輝 編曲/阿部靖広)(2016年6月22日発売)
c/w 「情熱!テコンドー」(作詞/青山るみ 作・編曲/阿部靖広)
シングル 逢いたい島(じま)(作詞・作曲/えざきまさる 編曲/狩野佑次)(2016年4月20日発売)
c/w 三線のかほり(移民の唄)(作詞/青山るみ 作曲/大城バネサ 編曲/多田三洋)
c/wヒヤミカチ節(作詞/平良新助 作曲/山内盛彬 編曲/多田三洋)
VTZL82_3P アルバム ザ・ベスト (2015年12月16日発売)
2003年にリリースしたデビュー曲「鷗も飛ばない海だよ」から「俺の漁歌」まで、
厳選された16曲のオリジナル楽曲を収録。
vane_201504_700-150x150 シングル 俺の漁歌(作詞/青山るみ 作曲/影山時則 編曲/新田高史)(2015年4月22日発売)
c/w 逢いたい島(作詞・作曲/えざきまさる 編曲:狩野祐次)
91mw0Z18vpL._SL1500_-150x150 シングル 二人三脚(作詩/青山るみ 作曲/岡千秋 編曲/矢野立美)(2013年11月20日発売)
c/w なるようになるんだこの人生(作詩/青山るみ 作曲/岡千秋 編曲/矢野立美)
71e1Up-xnqL._SL1227_-150x150 シングル 三陸海岸(作詩/青山るみ 作曲/岡千秋 編曲/丸山雅仁)(2013年6月5日発売)
c/w 女漁師(作詩/青山るみ 作曲/岡千秋 編曲/丸山雅仁)
41I9F51WfOL-150x150 シングル さくら雪(作詞/寧樂小夜 作曲/合田道人 編曲/高田 弘)(2011年9月28日発売)
c/w 夢おいかけて(作詞/青山るみ 作曲/合田道人 編曲/高田 弘)
20081016_433570-150x150 シングル 火の酒よ(作詞:上田紅葉、作曲:藤竜之介)(2008年9月10日発売)
c/w さよなら岬(作詞:上田紅葉、作曲:西條キロク)
XAT-1245351416-150x150 シングル 愛のバランサ(原曲:「POR UNA CABEZA」カルロス・ガルデル、
作詞:田久保真見、作曲:桧原さとし、編曲:coba)(2008年1月23日発売)
c/w 南風~美ら海Ver.(作詞:松井由利夫、作曲:浜圭介、編曲:今泉敏郎)
51bq-910bxL-150x150 アルバム 大城バネサ 2008全曲集(2007年09月26日発売)
デビュー曲「鷗も飛ばない海だよ」から「翼かさねて」(デュエットver.)まで代表曲を収録した全曲集
翼かさねてジャケ-150x150
シングル 翼かさねて(作詞:岡田冨美子、作曲:浜圭介)(2007年1月24日発売)
c/w ばっきゃろ
1e3dcf84f22d2e8f58f5a311846bb0f7-150x150 シングル 絆船(作詞:松井由利夫、作曲:浜圭介)(2005年11月16日発売)
c/w 南風
5.0.2 JPg シングル シベリア鉄道(作詞:松井由利夫、作曲:浜圭介)(2005年1月26日発売)
c/w 砂の人
5.0.2 JP シングル 夢が咲くまで(作詞:麻こよみ、作曲:徳久広司)(2004年6月2日発売)
c/w 母なる川
TOCT-25230-150x150 アルバム VANESA(バネサ)~鷗も飛ばない海だよ~(2004年1月21日発売)
大城バネサのカヴァー・アルバム「鷗も飛ばない海だよ」「女の漁歌」「兄弟船」他
TOCT-4575_00011.-JPG-150x150 シングル 鷗も飛ばない海だよ(作詞:麻こよみ、作曲:徳久広司)(2003年8月27日発売)
c/w 女の漁歌、浜っ子一代